仮性包茎は治療不要?

満足をしている男性

仮性包茎の状態はさまざまで、軽度なものから重度のものまであり一口に仮性包茎といっても個人差があります。
普段は包皮は被っていても勃起時には剥ける場合や普段も勃起時も包皮を被ってはいるが手で剥ける場合などが仮性包茎とされています。
性行為の時に、痛みなどの問題がなければ治療不要の方がほとんどです。

しかし仮性包茎の状態では、包皮が被っている亀頭付近に汚れがたまりやすく、不衛生になってしまうので注意が必要です。
不衛生にしていると感染症にもなりやすいので日頃から清潔に保つことが重要です。
感染症は性行為する上でもパートナーとの関係に大きな影響を及ぼしますので、気を付けるようにしましょう。

仮性包茎は治療が不要なケースが多いですが、見た目などの点からコンプレックスに感じる方は精神面での影響もあるので治療をおすすめします。
また、包皮と亀頭が一部癒着している状態で自分で剥こうとした場合は激しい痛みや出血をすることも考えられますので、無理に自分で何とかしようとせず早めに医師の診察・治療を受けるようにしてください。
デリケートな問題ではありますが、悩んでいる方は大勢いらっしゃいますので、ひとりで悩まずに医療機関などに相談に行くことをおすすめします。